あなたは大丈夫?和食のマナーについて

恥をかくその前に!正しいマナーを身に付けよう

割り箸の割り方とわさびの使い方

割りばしの割り方

割り箸を割るときにも、マナーがあります。
普段外食などで割り箸が提供された場合、割ろうとすると、横に割る方も多いと思います。
確かに横に割るほうが、力が入りやすく割りやすいです。
しかし、これではマナー違反になります。
なぜマナー違反になってしまうのでしょうか。
その理由として、横向きだと力が入りやすいため、勢いで横にいる人にぶつけたり、食器にぶつけたりすることがあるからです。
正しい割り方は、上下に割ります。
割りにくいときは、胸に引き寄せると、力が入りやすく、割りやすくなります。
こうすれば、たとえ引いた力が強くても、横にいる人や食器にぶつけることはありません。
そして割ったらそのまま使い始めるのではなく、一度箸置きに置きましょう。
これは割った直後から使い始めると、急いで食べようとしているように見えてしまうからです。


わさびを醤油に溶かすのはダメ

刺身に直接醤油をかけてしまうのはマナー違反になります。
なぜかというと、直接醤油をかけると、量が調整しにくくなってしまうからです。
正しい方法は、小皿に醤油を入れてから、そこに刺身をつけて食べます。
ここで、醤油を入れた小皿にわさびを溶かしてはいけません。
以外とわさびを醤油で溶かしてしまう方もいると思います。
しかし、これでは正しいとは言えません。
醤油にわさびを溶かすと、わさび本来の風味がなくなってしまいます。
またわさびを付けずに刺身を頂くことができなくなってしまいます。
では、どのようにすればよいのでしょうか?必要なわさびの量を刺身の上に乗せて、それを醤油につけて頂きます。
これが正しい刺身の食べ方です。